各症状と施術例

月経前症候群によくある症状と改善方法


月経前になると体調が悪くなる女性が多くいらっしゃいます
月経前のその様な症状は月経前症候群といわれています(PMSともいわれます)
いろいろな症状別に改善方法をご紹介します

・頭が痛い
自律神経が乱れて脳の血管が収縮して血流が悪くなることで起きる緊張性頭痛とセロトニンが減少する事で脳の血管が拡張して起きる片頭痛があります、緊張性頭痛リラックスして首や目の周りの筋肉をマッサージする事で改善していきます。
片頭痛の場合は頭部を冷やすと痛みがやわらぎます、頭痛薬は効かない事が多いです。

・肩がこる
自律神経の乱れにより血液が体内に淀んでしまい毒素が停滞し炎症を起こしてしまいます。
お風呂にゆっくり入りストレッチをするとより効果的です
漢方は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がいいです。

・腰、下腹部が痛い
排卵後の身体は生理に備えてたくさんの血流を子宮に送ります。そのため骨盤内に血液が充血し血液が停滞した状態となりその結果子宮の重量も増加して腰が重くなったり痛くなったりします。お腹まわりのマッサージや温めると効果的です。
漢方は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がいいです。

・便秘、下痢になる
生理前は便秘がつらく、生理になると下痢をしてしまうことがあります。生理前はホルモンの関係で腸の水分を体内にため込むため便が固くなります、また腸の蠕動運動を抑制するので腸の動きが低下し便秘になると考えられます。
その他自律神経のバランスが崩れると便秘と下痢を引き起こすと考えられます。
お腹のマッサージと漢方は桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)が有効です。

・むくみ
生理が始まると体から大量の血液が失われるのでプロゲステロンというホルモンが生理に備えてたくさん水分を蓄えようとしてむくみが生じます。
むくみは放っておくと水分が脂肪と絡まってセルライトの原因のもなります。
運動やカリウム、カルシウムは水分を排出するのに大切な栄養素です。漢方は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有効です。

・胸が張る
胸が張って、かゆみを感じたりブラジャーを付けているのが気持ち悪くなったり胸のサイズが大きくなる症状です。
乳腺を拡張させるエストロゲンが過剰に分泌されること、乳腺がエストロゲンに対して過剰に反応しすぎていること、乳腺を発達させるプロゲステロンが増加する事が原因と考えられています。
ブラジャーを締め付けない様にして、肩甲骨と骨盤を動かすエクササイズを入れると効果的です。
漢方は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がいいです。

・摂食異常を起こす
異常に食欲を感じるのは生理期間は体力をとても消耗するのでその前に身体が本能的に栄養をたくさん蓄えておこうとするからだと考えられています。糖代謝が変化するため特に甘いものが欲しくなります。食べ過ぎに気を付けましょう。
一方で全く食欲がなくなり拒食になる場合もあります。これは過食をして太ったりむくんだりした経験に大きな罪悪感を感じて拒食に転じてしまうことが原因と考えられます。
まずは食事のリズムを整えましょう、そうする事でメンタルのリズムも整い気持ちが穏やかになり症状が改善に向かいます。

・味覚が変わる
濃い味を好むようになる、プロゲステロン影響で味覚が鈍くなってきます。
意識して薄味を心掛けましょう

・眠いが眠れない
異常な眠気に襲われて寝ても寝たりないという症状がでます。
黄体期には妊娠しやすいように体を休ませようとして強い眠気を感じます。
また黄体後期にはプロゲステロンが持つ鎮静効果が急激に少なくなり緊張が緩和されないことが原因と考えられます。
目覚めとともに日光を浴びると体内時計が働き昼間はメラトニンの生成が抑制され夜は充分に分泌されてぐっすり眠れるという正常なリズムが作れます。朝日は脳内を調整して感情を安定させます。

・疲れやすい
ホルモンの乱れで交感神経が優位になり疲れやすくなります。
就寝1時間前から間接照明にして薄暗くしたり、ぬるめのお湯にゆっくりと入ると効果的です。

・肌が荒れる
プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にするため肌の調子が悪くなりニキビができやすくなります。
人によっては湿疹などのアレルギー症状が出る人もいます。
これは肌が子宮を守るために老廃物を外に出そうとしているのでこの様な症状がおこります。
油分の多い食事や化粧品は避けましょう。

・冷え性になる
血液の循環が悪くなり末梢に循環しなくなります。
全身を動かす運動や温経湯(うんけいとう)などの漢方が有効です。

・耳鳴りがする
内耳のむくみにより耳鳴りがします。
水分の代謝をよくする当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の漢方がいいです。

・関節が痛む
むくみが出てくると関節に水分が停滞するのが原因です。
漢方は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が有効です。

・のぼせる
プロゲステロンにより血管が拡張し体温が高くなるのでのぼせてきます。
首周りを冷やしてもらったり漢方の加味逍遥散(かみしょうようさん)を飲むといいです。

・おりものがいつもと違う
老廃物を外に出して雑菌を子宮や膣内に入れない様にフタをするためです。
おりものがグミの様に弾力性のあるものになりにおいが強くなることがあります。
漢方は温経湯がいいです。

月経前症候群ににている症状
・うつ病
・慢性疲労症候群
・甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
・甲状腺機能低下症
・科学物質過敏症
などがあります

ご不安な方はぜひご相談ください!

アイバランス治療院
住所 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-8-15 山口ビル2F
小田急線下北沢駅南口/京王井の頭線下北沢駅南口 徒歩6分!
受付時間 11:00~21:00
※完全予約制
定休日 不定休
代表者 鈴木 一登
TEL:03-6479-6595
※現在、電話に出られない時間が多くなっております。
誠に恐れ入りますが、出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。
※予約専用フォームのため営業のお電話はお断りさせて頂きます。
インターネット限定割引
お気に入りに追加

下北沢駅×整体部門
下北沢駅×鍼灸部門
下北沢駅×接骨・整骨部門
2014年12月時点

患者様のお喜びの声 インターネット限定割引 産後ケアの大切さご存知ですか? 産後講座 執筆依頼 すぐに試せるセルフマッサージなど、健康になれるための情報をお届け。youtubeチャンネル 産後骨盤矯正認定院バナー

当院が初めての方へ
初めての方へ
当院のこだわり
患者様のお喜びの声
よくあるご質問
基本的な施術の流れ
施術メニュー・料金
症状について
肩こり
腰痛
各症状と施術例
マタニティ前後の整体について
不妊治療
マタニティ整体
産後ケア
当院について
院長プロフィール
院内風景
地図・当院への行き方
受付時間
11:00~21:00
※完全予約制
休診日
不定休
電話番号
03-6479-6595
※現在、電話に出られない時間が多くなっております。 誠に恐れ入りますが、出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。
お早めにお電話ください。

※予約専用フォームのため営業のお電話はお断りさせて頂きます。
住所
〒155-0032
東京都世田谷区代沢5-8-15
山口ビル2F
アクセス
小田急線下北沢駅南口/
京王井の頭線下北沢駅南口
徒歩6分!
代表施術者
鈴木 一登
アイバランス治療院 院長ブログ
お知らせ
運営サポート 株式会社ILB
ページ上部へ戻る