各症状と施術例

産後のオススメの間食方法

産後は出産のダメージ、夜泣きの寝不足、授乳により体が今までの運動した後にないぐらいダメージが蓄積されています
食事もお子さんのタイミングで授乳などをしていて、子供中心の生活になっているので早食いになってしまうママさんが多いです。
昼間は菓子パンやチョコレートなどを間食に食べてしまう方が多く
当院でも「間食をやめたいんだけどどうししても食べてしまいます」
といったママさんからの相談が多いです。
しかし母乳は血液から作られているので、多くの血液を作らなければいけないのでエネルギーを使いお腹が減ります
そこで今回は産後に必要な栄養素と栄養のない間食をやめて、おススメの間食方法についてお伝えします。
授乳中.jpg

目次

  • 産後に必要なタンパク質
  • 間食の弊害
  • 糖分は赤ちゃんの夜泣きにも影響があります
  • 間食をにはこれがおススメ
  • まとめ
  • 産後に必要なタンパク質
    推奨されているタンパク質は 成人男性...60グラム 成人女性...50グラム とされています

    しかし授乳中のママさんですと出産後の身体ケアのため、母乳を作るために
    1日70グラムが必要とされています。
    これはアスリート並みですので結構摂取しないといけません
    なのでお腹は通常よりかなり減ると思いますが、とりあえず栄養のない甘い物を摂取しても
    脳は『栄養を摂取できた』と勘違いしてしまいます。
    なので産後は通常の時よりタンパク質が知らないうちに低下してしまいます。
    タンパク質は筋肉・内蔵・骨・血管・肌・ホルモンなど、体のほぼ全ての機能を
    支える材料になる重要な栄養素です、産後に髪が抜けたり、白髪になったり、爪が割れたり、
    するのはタンパク質の低下している証拠です。
    ホットケーキ食べる子ども.jpg

    間食の弊害
    間食で多いのがチョコレートと菓子パンです。

    菓子パンやチョコレートは油分と糖質が多く含まれています
    疲れがたまっている時は体が消化しなくてもすぐにエネルギーになるものを欲しがるので
    甘いものを欲しがってしまいます、脳は栄養がなくてもとりあえずお腹に物が溜まればOKなので
    栄養価は特に気にしていません
    食べるとお腹はいっぱいになりますがタンパク質が少ないのでその時は満足でもその後に
    母乳が生成されないなどの弊害があります。
    菓子パンなどに含まれている添加物も気になるところです、
    コンビニのお弁当、カップラーメンなども添加物、油分が多く栄養価が低いので母乳が出にくくなったり
    乳腺炎になったり体調を崩しやすいので気をつけましょう。
    カップラーメン、ポテトチップスには古くなった油『過酸化脂質』が含まれていて
    食べると胃部の不快感につながり栄養価の他のものが食べれなくなってしまいます。
    その様な点からも何気なくしてしまう産後の間食は特に注意が必要です。
    カップ麺.jpg

    糖分は赤ちゃんの夜泣きにも影響があります
    糖分は赤ちゃんの夜泣きにも影響があります

    糖分が多い甘いジュースや甘いお菓子は血糖値を急激に上げます。
    体の中からインスリンが分泌され血糖値が急激に下がります、すると今度は血糖値を上げようとアドレナリンが出てきます
    アドレナリンはご存知の通り体を覚醒する働きがあります。
    母乳に糖分が多く含まれていると、赤ちゃんの体内にも同様のインスリンとアドレナリンのホルモンが出てきます。
    そのため睡眠が浅くなり「うまく寝れない!」と起きてしまいますので砂糖の多い甘い物は注意しましょう。
    また糖尿病の危険性もあるので、もし甘いものを食べるときは一度に食べないで小分けにして食べる様にして下さい。

    チョコレート.jpg


    間食をにはこれがおススメ

    理想は決められた時間にしっかり食事をとることが大切なのですが
    普段の生活していてもなかなか難しいので産後は不可能に近いです。
    そこで間食におススメのものをお伝えします。


    1、プロテイン
    プロテインって聞くとアスリートの人が飲むものと思われますが
    プロテインっていうのはタンパク質という意味です。
    昔はかなり不味くて飲みにくかったのですが今はかなりおいしくシェイクみたいになっているので
    飲みやすいものが多くあります、腹持ちもいいので間食をする事がかなり減って
    当院でも実際に飲まれているママさんが多くいます
    できたら鳥のささ身とか食べれるのが一番なのですが手間がかかるとそのうちめんどくさくなり
    やめてしまうので粉をシェイカーに溶かして飲むという手軽さがかなりおススメです。
    できるのであれば一番栄養が枯渇している起床時に飲むのがおススメです。
    あとはお腹が空いてからだと栄養がなくっているので、お腹空く前に摂取するのがいいですね
    プロテイン.jpg

    2、サプリメント
    鉄分、亜鉛などが不足すると貧血や動悸になるママさんもいます。
    もちろんレバーやブロッコリーなど食事から摂取するのが一番おススメなのですが
    病院で鉄剤を処方してもらうのもいいです。
    しかし副作用で気持ち悪くなってします方もいますので軽度の貧血で病院行くほどではない時に
    サプリメントはおススメです。
    アミノ酸系のサプリメントも同時に摂取するのもおススメです、
    サプリメントは手軽に飲めるのですがお腹いっぱいにならないので違うものを食べてしまうというのが懸念点です
    サプリメント.jpg

    3、カシューナッツ
    歯ごたえもよく腹持ちもいいので間食にぴったりです。
    ミックスナッツには糖質・脂質の代謝に必要不可欠なビタミンB群、
    産後も積極的にとりたい鉄分、むくみをとってくれるカリウムなど含まれています。
    ビタミンEも含まれていて美肌効果もあります、
    脂質が多いので食べても一日1袋にしましょう。
    オススメはファミリマートのミックスナッツです
    化学調味料などで味付けしてない点が嬉しいですね。
    ファミマナッツ.jpg

    4、干しイモ
    甘いものを食べたいときにおススメの食材です。
    歯ごたえもあるのでお腹いっぱいになりやすいです
    ケーキやチョコレートは糖分と脂質が多い割には栄養価が低いのですが
    干しイモには脂質がほとんどないのに甘さがありおいしいのもいいところです。
    ふかしたサツマイモもいいのですがなかなか作るのが大変だと思いますので
    干しイモを買ってきて間食に食べるものおススメですね。
    干しイモ.jpg

    5、甘酒
    ちょっと面倒かもしれませんがノンアルコールの甘酒は産後に必要なアミノ酸、ビタミンが多く含まれています
    缶のものは人工甘味料、増粘多糖類、酸味料が入っていることが多いのでできれば
    自然食材を扱っているところの甘酒がいいですね、
    体も温まりますので間食に飲んでください。
    甘酒.jpg

    6、豆乳クッキー
    おからと豆乳で作られていますのでタンパク質、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています
    食物繊維が豊富に含まれていますので腹持ちもよく満腹感があります。
    またお子さんの「たまごポーロ」などのおやつも添加物が含まれていないので
    その様な物も一緒に食べるのもいいですね。
    豆乳クッキー.jpg

    7、ドライフルーツ
    自然の甘みも凝縮されていて歯ごたえもあり間食につまむにはいいですね、
    市販のものにも香料が入っていたり味付けされているものがあるのでできればオーガニック食材のお店で買ってください。
    プレーンヨーグルトの中に入れても甘さが際立って食べやすいですね、
    ヨーグルトは冷たいままだと胃腸に負担がかかるので食べる前は冷蔵庫から出して常温に近づけた方がいいです。
    ヨーグルトにドライフルーツ.jpg

    まとめ
    産後の間食のポイントとしては ・タンパク質が多い物 ・腹持ちがいいもの ・人工甘味料など添加物がないもの ・一時間以内に消化できる胃腸に負担がかからないもの を基準に選んで下さい。 またプロテインなど粉を溶かすだけなど手軽にできる方法がいいです。 手の込んだものだと途中でやめてしまいます 間食も無理してやめるとリバウンドが来ますので、最初は週に1回だけ間食をしっかりしたものを 摂取する日を作るなど「それだけでいいの!?」という具合から始めると長続きします。 ぜひ1日から栄養ある間食を摂る日を作ってみて下さい。

    産後の骨盤矯正なら当院にお任せください

    下北沢で唯一の産後ケア専門治療院

    アイバランス治療院
    住所 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-8-15 山口ビル2F
    小田急線下北沢駅南口/京王井の頭線下北沢駅南口 徒歩6分!
    受付時間 11:00~21:00
    ※完全予約制
    定休日 不定休
    代表者 鈴木 一登
    TEL:03-6479-6595
    ※現在、電話に出られない時間が多くなっております。
    誠に恐れ入りますが、出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。
    ※予約専用フォームのため営業のお電話はお断りさせて頂きます。
    インターネット限定割引
    お気に入りに追加

    下北沢駅×整体部門
    下北沢駅×鍼灸部門
    下北沢駅×接骨・整骨部門
    2014年12月時点

    患者様のお喜びの声 インターネット限定割引 産後ケアの大切さご存知ですか? 産後講座 執筆依頼 すぐに試せるセルフマッサージなど、健康になれるための情報をお届け。youtubeチャンネル 産後骨盤矯正認定院バナー

    当院が初めての方へ
    初めての方へ
    当院のこだわり
    患者様のお喜びの声
    よくあるご質問
    基本的な施術の流れ
    施術メニュー・料金
    症状について
    肩こり
    腰痛
    各症状と施術例
    マタニティ前後の整体について
    不妊治療
    マタニティ整体
    産後ケア
    当院について
    院長プロフィール
    院内風景
    地図・当院への行き方
    受付時間
    11:00~21:00
    ※完全予約制
    休診日
    不定休
    電話番号
    03-6479-6595
    ※現在、電話に出られない時間が多くなっております。 誠に恐れ入りますが、出来る限りメール、LINEでのお問い合わせをお願いいたします。
    お早めにお電話ください。

    ※予約専用フォームのため営業のお電話はお断りさせて頂きます。
    住所
    〒155-0032
    東京都世田谷区代沢5-8-15
    山口ビル2F
    アクセス
    小田急線下北沢駅南口/
    京王井の頭線下北沢駅南口
    徒歩6分!
    代表施術者
    鈴木 一登
    アイバランス治療院 院長ブログ
    お知らせ
    運営サポート 株式会社ILB
    ページ上部へ戻る